s_1

町屋斎場は幾つかの式場が横並びになっています。
そうしますと他家の式場を覗いてみたくなるものです。
そこで比較されがちなのが何といっても祭壇です。
やれうちの祭壇の方が背が高いだの、横幅が広いだの・・・
確かに白木祭壇はその大きさがものをいいます。
別に他家のことは気にしなければいいと思うのですが、これも人情ですね。
その点花祭壇は大きさもありますが形や色、使っているお花など一概に比較はできません。
暖かみのある生花に囲まれて故人様をお送りするのはそんな雑音を消す長所もあるようです。

s_2

それよりも私が気になるのは、式場の中で祭壇の両側に提灯を置いているところがあることです。
更に天井いっぱいの高さの立て看板まで置いていることもあります。
町屋斎場では提灯や看板をおもてに出してはいけないことになっています。つまり必要ないのです。
会葬の皆さんの目印になるようにおもてに置くべき立て看板や提灯をわざわざ式場内の祭壇の横になぜ置かなければならないのか・・・
プランに組み込まれていて置かないと値引きしなければならないから?それとも本来の意味を考えずにただ置いているだけ?・・・私には合点がいきません・・・

s_3

最近、特にインターネット上で「安い安い」と、まるでバナナの叩き売りのように低価格だけを強調している葬儀社が目につきます。
これまで葬儀代金があまりに不明瞭で、消費者に不審を抱かせたことが背景にあります。
しかし、この「叩き売り」が新たな弊害をもたらしているように思います。
大勢の会葬者が参列するお通夜にスタッフが一人しかいなかったり、プロであるべき担当者がまったくの勉強不足でご遺族の要望に応えられなかったり・・・そして、集金が終わると手のひらを返したかのように不親切な対応に終始する葬儀社・・・
問題はそのような葬儀社を、依頼する段階では見分けることが難しいところにあります。
手前味噌になりますが、当社では「東京葬儀式8つの特典」をはじめ、
ご遺族に本当に心から満足して頂くことだけを考えています。
それこそが多くの方に選ばれている理由と自負しております。
葬儀社選びの際は後になって後悔されないよう、どうか慎重にお考え下さい。

shacho
ひとつだけアドバイスをさせて頂くとすれば、時間に多少でも余裕があるときは一度問い合わせてみることをお勧めします。
生前予約といった大袈裟なことではなく、一本の電話だけでも葬儀社の様子が伝わるものです。
問い合わせだけなら当然無料です。気に入らなければ他に頼めばいいだけのことです。
できましたらその中で当社にも是非お問い合わせ下さいませ。
大切なご家族のお葬式です、安かろう悪かろうでは困りますからね。


お葬式のことなら何でもお問い合わせください

Tポイントたまります